最近の結婚式事情

昔と今の結婚式について

昔に比べると結婚式は、そのスタイルの多様化が話題になっています。昔のようにホテルや神社などで盛大に行い、披露宴の演出も派手に行うようなスタイルは今でも残っていますが、それ以外にも少人数での結婚式をする人も増えているのです。本当に家族だけの結婚式や、中には家族も呼ばずに新郎新婦だけで結婚式を済ましてしまうケースもあります。そういう場合は結婚式自体にお金を使わないで、その後に友人だけを招待してお披露目パーティーをするのに使ったり、新婚旅行などに費用を使う人が多い傾向です。これは背景には不景気が大きく関係してきます。バブルの時代であれば盛大に結婚式をしてもお金を気にせずにいられたのに対して近年の不景気になって現実的に考えるようになった事が関係しているのです。

結婚式の内容の違いがある

結婚式にお金をかけなくても、工夫すれば素敵な式をする事はいくらでも可能です。ゲストの人数を少なくする事で費用は大幅に浮かすこともできますし、その分お料理などをこだわってあげる事もできますので、結婚式をする中でどこに重きを置くのかが昔と今では変わってきている傾向にあります。式をする場所も、ホテルだけでなく専門式場やゲストハウスであったり、レストランなどでもオシャレに飾りつけをして結婚式をする事もできます。レストランの中にチャペルなどが設置されているので雰囲気もとてもいいですし、食事を売りにしているレストランなだけに食事もとても美味しいのでゲストにも喜んでもらえるのです。色々とスタイルは変わりながらも楽しまれているものです。

少人数の披露宴は、家族や気の知れた友人たちのみで行えるのでとてもアットホームな披露宴になります。新郎新婦も一人一人と会話も出来るのでゆったりとした時間が過ごせます。